防災袋に入れておくと良いアイテム

備えあれば憂いなし

入れておくべきものとは

近年様々な震災や災害が発生している中で、避難生活を余儀なくされることがあります。
災害が大きくなればなるほど家に戻る期間も長引きますし、街のお店の食料品や備蓄品などにも限界があり、救援物資などが来るまで時間がかかってしまいます。
季節によって体力が奪われてしまったり、不安感が大きくなっていきます。
しかし、防災袋を備えておくことでもしもの時のライフラインになり、最悪の事態を免れる事もできます。
災害によって避難する際も、大きなものは持っていくことができませんし、かといって避難時に選んでいる時間もありません。
防災袋は大きなものではなく、避難の際に邪魔にもなりません。
すぐに持って避難することができ最低限のライフラインを確保できるのが防災袋です。
また現在では、様々なタイプの防災袋が販売されており、足りないものは100円ショップでも揃えることができるものもあります。
また、最初から防災袋を作る場合は優先順位を確認しながら行うことが必要となり、そうしなければ大きな荷物になってしまいます。
防災袋に入れる食料品も定期的に入れ替えが必要となり、賞味期限を確認しながら保管しておく必要があります。
乾電池などラジオや懐中電灯に入れっぱなしにすると放電し使えなくなってしまいます。
買って終わり、作って終わりでは無く、いざという時のためには定期的に確認しておき、使おうとした時に賞味期限が切れていたとなっていまえば大きな荷物になりますのでしっかりと確認を行いましょう。

TOPへ戻る